貯蓄何からはじめるの?

お金の話

お金を貯めたい!

何から始めていいかわからない

なんだかめんどう

そんな風に思ってませんか?

節約も貯蓄も楽しみながらするとお金が溜まっていくのにワクワクしますよ!

貯蓄を始める前に知っておくべきこと

収入と支出を把握し、予算を立てることが重要となります

  • 収支と支出の把握:家庭の収入と支出を正確に把握し、いくら貯蓄できるかを明確にします
  • 予算を立てる:予算を立てることで、収入に対してどれくらいの金額を貯蓄に回し、目標額に達するまでにどれくらいの月日を要するか明確にします
  • 支出の見直し:支出を見直して無駄な出費を削減する。節約のために必要な支出と不必要な支出を明確にします

貯蓄の重要性とメリット

将来の不安や予期せぬ出費に備え、安定感を得られます。また、将来の目標や夢を実現するための資金を築くことができます。

  • 緊急時の安心感:突発的な医療費や修理費などの予期しない出費や緊急時に対処するための安心感がえられます。
  • 将来の目標の達成:貯蓄は将来の目標や夢を実現するための資金を確保する手段です。家の購入、教育のための費用、起業資金など、自分や家族の将来に向けて備えることができます。
  • 経済的な自立と自由:貯蓄を増やすことで経済的な自立と自由を手に入れることができます。貯蓄があれば、自分の選択や人生のバランスを考えたり、投資や事業を始めたりする余裕が生まれます。

節約のコツとヒント

節約は貯蓄を増やすためには必須です。

できることから少しずつストレスにならないよう始めることで支出を減らすことができます。

  • プランを立てて無駄遣いを減らす:欲しい物、必要な物の予算を立てることで無駄な支出を削減できます。
  • クーポンやセールを利用する:よく利用するスーパーのチラシでセール情報をチェックし、スマホやアプリなどでクーポンがあれば活用することで支出を削減できます。
  • 定期的に家計を見直す:季節ごと、週別、月別など定期的に家計を点検してムダな出費を見つけることで無駄な支出を削減できます。
  • 食費を工夫する:外食を減らして家で食事するようにするだけでも食費の節約になります。毎日作るのもストレスなのでお惣菜や冷凍食品なども活用すると節約になります。
  • 節水・節電を心掛ける:こまめに電気を消す、冷却グッズを利用してエアコンの温度設定を見直す。シャワーをまめに止める、これをするだけでも節約になります。

デビットカードまたはクレジットカードの選択

自分の支出の状況やスタイル、目標に合わせてどちらが合っているのか選択して使い分けることで無駄な支出を管理できます。

デビットカード

  • メリット

直接口座から引き落とされるため、使いすぎのリスクが低く、借金をすることなく支払いが行えます。利息やクレジットカードの年会費などの追加費用を心配する必要がありません。直接口座から支払われるため、支出の管理がしやすく、予算を制御しやすくなります。

  • デメリット

デビットカードが盗まれた場合、不正利用される可能性があります。一度引き落とされた資金を戻すのは困難です。クレジットカードにはポイントやキャッシュバックなどの特典が付与されることがありますが、デビットカードではそのような利益を受けることはできません。直接口座から引き落とされるため、一時的に資金不足になる可能性があります。

クレジットカード

  • メリット

現金を持ち歩かずに支払いができます。オンラインショッピングや海外旅行などでも便利です。ポイント、キャッシュバック、航空マイルなどの特典が付与されることがあります。予期せぬ支出や緊急時の際に、クレジットカードの利用で資金調達ができます。請求書明細を確認することで、支出を把握しやすくなります。また、不正利用があれば明細で把握できます。

  • デメリット

借金をすることができるため、支払い能力を超えて使ってしまうと借金が膨らむリスクがあります。利用限度額が高く、簡単に買い物ができるため、無計画な使い過ぎにつながる可能性があります。年会費や手数料など、クレジットカードには追加費用が発生することがあります。

緊急時のための緊急費用の積立

緊急費用の目安として、一般的には3〜6ヶ月分の生活費を積立ておくといいとされています。具体的な計算方法や自身の生活状況に合わせた目標金額の設定方法を説明します。医療費、修理費、失業時の生活費など、緊急時に必要な支出として準備します。

  • 収入から一定の割合を緊急貯金に回す方法:一般的には収入の10%から20%を緊急貯金に回すことが推奨されますが、自身の経済状況や目標に応じて適切な割合を設定しましょう。
  • 自動引き落としや定期積立を活用する方法:毎月一定の金額を自動的に貯金口座に引き落とす仕組みを設定すること。銀行で自動引き落としや定期積立の手続きを行いましょう。

終わりに

  • 目標を設定し、家庭の財務状況を把握する。
  • 支出を見直し、無駄遣いを削減する。
  • 自動引き落としや定期積立を活用して、定期的に貯金する。
  • 緊急費用や将来の目標に向けた資金を積極的に確保する。
  • 継続的なモニタリングと修正を行い、着実に貯蓄を増やす。

これらのステップを通じて、貯蓄を始めることができます。初心者でも取り組みやすい方法やヒントを紹介しました。経済的な安定と明るい将来へがみえてきますよ。

タイトルとURLをコピーしました